今日から毎日ブログ書きます

家電製品をわかりやすく解説します

今年の7月1日からこっそり増税された件について

f:id:Norihiko1:20200721195958j:image

 

昨年の10月1日に、消費税が8%から10%に上がりました。

 

元々は、2012年に自民党公明党民主党の三党合意で2014年の4月に、消費税を5%から8%に上げて2015年の10月に10%に上がる予定でした。


実際には、2013年に民主党政権から、自民党の安倍政権に変わり、2014年に4月に8%に上がった後は二回増税延期した後に、2019年10月に10%になりました。


消費税増税された影響は大きく、2019年10月〜12月のGDP個人消費で前期比-2.9%と大きく落ち込み景気が後退しました。


今年は、新型コロナの流行もあり非常に景気が悪くなっています。

そんな時期なのに、6月末でキャッシュレス決済のポイント還元が終了しました。


キャッシュレスでお会計をすると、最大で5%還元されて消費税の負担が軽減されるものでしたが6月末で終了しました。

これによってキャッシュレス決済を利用している人の税負担が増えるので増税したのと同じだと言えます。


あまりテレビや新聞では取り上げていませんが、新型コロナで景気が低迷しているのに終了させるのは如何なものでしょうか?