今日から毎日ブログ書きます

家電製品をわかりやすく解説します

あなたの給料が上がらない本当の理由

f:id:Norihiko1:20200713171432j:image

 

給料が上がらない

給料を上げたい

そんなことを、考えている人は多くいると思います?

給料が、安いので転職を考えている人もいると思います。


ところが、転職活動してみると、給料が良い会社が少ない事に気がつきます。


給料が良い会社を見つけて、面接を受けても採用されるとは限りません。


良い条件の会社には、面接希望者が殺到しますから競争率が高くなるので当然だと思います。


実は、転職をすることでは収入は大して上がらないのです。

では、どうすれば良いのでしょうか?

【転職しても大して変わらない】

 

日本人の、平均年収をご存知じでしょうか?

国税庁の調査によると、日本人の平均年収は441万円になるそうです。

これを聞くと、年収が400万円以下なら転職した方が良い様に感じる人もいると思います。

しかし、平均年収は全体の平均値なのであって、必ずしも多くの人が当てはまるとは限らないのです。

例えば、収入が0円の人が9人いても年収1億円の人が1人いたら10人の平均年収は1000万円になります。


ですから、平均年収はあてにしてはいけないのです。

それでは、何を参考にして判断すれば良いかと言うと


参考にするべき、基準は全体の中間の値である中央値です。


平均年収は441万円でも、中央値だと350万円になると言われています。

したがって、年収が350万円以下なら転職して給料を多少は増やす事は出来たとしても


350万円以上なら転職しても給料は大して上がらないか、むしろ下がる可能性があると言えるでしょう。

【収入を増やすには?】

 

転職をしたとしても、給料を上げるのは難しい。

それではどうしたら良いかと言えば

投資を始めてみたり何か副業をするのが良いと思います。

今の仕事を続けながら、収入源を増やしていく事を考えることが大切です。