今日から毎日ブログ書きます

家電製品をわかりやすく解説します

アドバイスの見極め方

f:id:Norihiko1:20200622154418j:image

誰しもが、何かしらの悩みを抱えています。

「私には悩みはありません」

こんな事を、言い切れる人はいないと思います。

 

仕事で上手くいかなくて悩んでいる人もいれば、人間関係で悩みを抱えている人もいると思います。

そんな時は、誰かから的を得たアドバイスが欲しくなるものです。

 
【専門家だから正しいとは限らない】


先日、こんな動画を観ました。


ある心理学の専門家が、子育てに悩んでいる親にアドバイスをするという内容です。

さまざまな質問の中で、こんな質問がありました。

 
質問内容はこんな感じです。

「子供が勉強をしないで、テレビゲームばかりしています。テレビゲームを止めさせるにはどうしたら良いですか?」

ゲームばかりしていて、なかなか勉強をしてくれない。

どこの家庭でも、よくある悩みの一つだと思います。

 
この質問に対する専門家の答えは

「人は、毎日同じ事をすると苦痛に感じるので、今日ゲームを6時間やったとしたら、明日も同じ時間だけ必ずゲームをやらないといけないというルールを作れば、ゲームを辞めるでしょう。」

私は、この答えを聞いて、非常に的外れなアドバイスだと感じました。


このアドバイス通りに、ルールを作れば子供はゲームをやめるかも知れません。

だからといって、勉強をする様にはならないでしょう。

ゲームをやらないかわりに、マンガやYouTubeを観るようになるだけだと思います。

この質問をした親の悩みの本質は、子供が自主的に勉強しない事です。

子供が、自主的に勉強をするなら、ゲームをやっていても問題はないはずです。


勉強をしないで、ゲームばかりしているからゲームをやめさせたいと考えたはずですが、ゲームをやめても勉強をする様にならなければ、意味がありません。


アドバイスをする時に本来であれば、

『ゲームをやめさせれば勉強をする様になる』

という質問者の間違った思い込みを正してあげるべきです。


それなのに、回答者である専門家が思い込みを正す事はしないで、根本的な問題解決にならない様なアドバイスをしてしまったかと言えば、

専門家自身が結婚もした事もなければ、子育ての経験をした事がなかったからです。

子育ての経験がないから、悩みの本質が理解出来なかったのでしょう。

 
物事の本質とは、経験をするから理解できる物です。

だから『百聞は一見にしかず』というのです。


知識のある専門家のアドバイスだったとしても、的を得た内容でなければ、悩みは解決できません。


世の中には、専門家なのに専門分野で大した経験がない人が沢山います。

アドバイスを求める時に1番大切な事は、

『アドバイスをするのに相応しい経験をどのくらい積んでいるのか?』

これに尽きると思います。

ですから、子育ての経験がない心理学の専門家に、子育てアドバイスを聞いても意味がないですし

異性にモテた経験がない人に恋愛相談をしても意味はありません。


誰かに相談する時は、まずは相手がどのくらい、経験があるのか確かめる事が大切です。

 

【どうやって見極めるべきか】

間違ったアドバイスを信じて行動したら、状況を悪化させるかも知れません。


ですから、慎重に見極めて行くべきだと思います。


ですが、相手を見極めるのは非常に難しいと思います。


相手を見極める方法を紹介した、オススメの本はあります。

 

それはナシームニコラスタレブさんの
『身銭を切れ』
という本です。


身銭を切れ――「リスクを生きる」人だけが知っている人生の本質

 

 

内容は、身銭を切って体験している人間の特徴について書かれています。

 

この本を読むことで、知識だけではなくて経験を積んでいる人を見極める事ができる様になるでしょう。

 

気になる人は、ぜひチェックしてみて下さい。