今日から毎日ブログ書きます

家電製品をわかりやすく解説します

【今更聞けない仮想通貨1】仮想通貨の基本

f:id:Norihiko1:20200123175316j:image

一時期バブルで話題になった仮想通貨

バブルが崩壊してからあまり話題にはならなくなりました


最近は電子マネーが普及してきています


データで支払いできるので仮想通貨と似ています

似ていますが実は全く違います

 
電子マネーと仮想通貨の違いはなんなのか?

そして仮想通貨はどの様に誕生したのか?

今回は仮想通貨について基本的な事を解説していきます

 

電子マネーと仮想通貨の違い

電子マネー

円やドルなどの国が発行している通貨をデータにしたものが電子マネーです

電子マネーならお札や硬貨を持ち歩く必要が無くなるので便利です

 
□仮想通貨

仮想通貨とは通貨としての機能を持ったデータのことです
暗号通貨とも呼びます

ビットコインが仮想通貨の代表的な物ですがアルトコインという呼ばれる物もあり種類は多数存在します


特徴としてデータというところが電子マネーに似ていますが

電子マネーは国が発行している通貨をデータにしてるのに対して
仮想通貨は国が発行しているわけではありません


マイナー(発掘者)と呼ばれる人達がマイニング(発掘)という作業をして新しい仮想通貨を発行しています


国が発行しているわけではないので通貨の管理者が存在していないのも特徴です


管理者はいませんがP2Pネットワークによるブロックチェーン(分散型台帳技術)を利用することで通貨として機能させています


入手の方法は国が発行している通貨と違い取引所で購入するから自分でマイニングをして手に入れます

◯主な取引所

Coincheck

DMM Bitcoin

bitFlyer

GMOコイン

bitbank

※マイニングやブロックチェーンなど仮想通貨の技術は次回以降に解説していきます

 

◆仮想通貨の歴史

特定な国が発行しているわけでは無い仮想通貨

どの様にして誕生したのか?

ここからは仮想通貨の歴史について解説していきます

□仮想通貨の誕生

仮想通貨のアイデアが誕生したのは2008年にサトシナカモトという人物がインターネット上に論文を発表したのがきっかけでした

その後サトシナカモトが発表した論文に興味を持った複数の人達によって開発されてビットコインとして2009年頃に誕生します

誕生したばかりの頃は通貨として使用されていたわけではなく一部の人達がマイニング(発掘)をして発行されているだけでした

そんな仮想通貨ですが2010年にピザ二枚をビットコインで購入した出来事をきっかけに通貨して使用される様になりました

最初は主な用途としては海外送金を目的として利用されていましたが

最近では仮想通貨で支払いのできるお店もあり通貨としての利用ができる様にもなりました

2017年〜2018年までにかけて仮想通貨バブルが起きて話題になり今現在にいたります

 

◆仮想通貨の種類

仮想通貨で代表的な物はビットコインですがその他にも多数の種類が存在します

ビットコイン以外の仮想通貨の事をアルトコインと呼びます

先日Facebookが発表したリブラもアルトコインの一種です


□代表的なアルトコイン

ビットコインキャッシュ

イーサリアム

ライトコイン

イーサリアムクラッシック

モナコイン

リップル

リスク

以上が代表的なアルトコインの種類です

ビットコインとは機能的な違いがありますが次回以降に解説をしていきます

 
【最後に】

今回は仮想通貨の基本的な事について解説してみました

ブロックチェーンやマイニングなど技術的な事にやアルトコインの細かな違いなどは今回は触れませんでした

次回からは更に深掘りした内容を何回かに分けて解説していきます

 

◯次回のブログ

https://www.norihiko1.work/entry/2020/02/01/171120