今日から毎日ブログ書きます

家電製品をわかりやすく解説します

読書で重要なこと

 

みなさん
こんにちは

寒い日が続きますね
風邪をひいたりしてませんか?

温かい格好をして風邪をひかない様にしましょうね

 
みなさんは読書は好きですか?
私は読書が好きです
毎日読んでます

家に本は100冊くらいありますが本屋に行くと新しい本を買いたくなります

ジャンルは心理学とかビジネス書が中心になりますが

基本的にはなんでも好きです

 
たまに読書法を解説した本を見かけます


内容は主に速読とかだと思いますが


読書が好きな私にしてみたら読むためになぜ悩むのかと思ってしまいます


おそらく悩みの多くは

•どうしたらたくさん読めるか?
•本の内容を忘れずにいるにはどうしたらいいか?

ということではないでしょうか?


今回は私が読書で心がけてる事を紹介します


本の読み方で悩んでる人の参考になったらいいなと思います

 

【読む目的を決めてから読む】

本を読む時に目的は決めてますか?

読む時に目的を決めずに読んでないでしょうか?

目的とは何かと言えば

本を読んで何を学び取りたいのか


と言うことです


例えば心理学の本を読むとします


本に書かれている事をどんな風に活かしたいのか

恋愛に活かしたいのか

それとも職場のめんどくさい上司と上手くコミュニケーションを取れる様になりたいから読むのか


こういった目的を決めずに読んだりしていませんか?


目的を決めて読むことは非常に大切です


目的を意識しながら読むことで本に書いてある知識や内容から学びを得やすくなります

本を読む時は目的を決めて読みましょう

 
【飛ばさないで一言一句読む】

読書法を紹介してる本に

本を全部読んではないけない

と書かれているものがありました


その理由は本中で重要な箇所が1割とか2割とかでそれほど多くないからだそうです


本の中で重要な箇所を絞り込む事で効率よく読んだ方が良い

 

という考え方です

 

本の中で重要な箇所が多くないと言う事に関しては私もその通りだと思います


しかし私は本の内容を絞り込まずに一言一句読んでいく方が良いと思います

 

その理由は内容がわかっていない状態で重要な箇所を絞り込む事は絶対に出来ないからです


読んでも無いのに何が重要なのかを特定すること不可能でしょう


しかし調べ物などをするのであれば読む箇所を絞り込む読み方は必要になるでしょう


絞り込む読み方の方法としては

「例えば•••」
「要するに•••」

などの書き出しの所を読むと言う方法です

何かを調べて書かなくてはいけない様な時には役に立つ読み方ですね

 

そういった読み方は調べ物には適した読み方ですが学ぶ事には向いていないと感じます


何故なら作者はテーマを決めて執筆してるため全体を通して読んだ時に理解できる事が必ずあるからです


絞り込む読み方の場合だと読み飛ばす箇所が出ますので必ず読み取れない内容ができます

ですか本の内容の読み間違いにつながりやすくなります


正確に本の内容を理解するためにも読み飛ばさずに読む様にしましょう

 

【考えながら読む】

本を読む時に何も考えずに読んでいないでしょうか?

何も考えずに読むと言うのは思考停止している状態とあまり変わりません


以前の事ですが読書が嫌いな人から


「読書をすると自分の考え方が無くなるのでよくない」


と言われた事があります


何も考えずに読んでいたら自分の考え方なんて無くなってしまうでしょう

 

大切なことは読む時に内容に疑問を持ちながら読むとです

本当にそうなのか?

こういう考え方もあるのではないのか?

そうやって読むことで自分自身の考え方なども深めていくことが大切だと思います

頭を使って考えながら読む様にしましょう

 

【速読はしない】

みなさんは速読は出来ますでしょうか?

速読ができる様になると一日に何冊も読めるようになって良いように感じます


実は最新の研究によると速読をすると読んだ時の理解度が低下する事がわかっています


速読をした結果として本は読めたけど内容はわからない

となってしまったら意味は無いのではないでしょうか?

本を読んだ時に内容も掴めていなければ意味がありません

身にならなければ何冊読んでも意味は無いのです

読む時は速読に頼らずじっくりと読みましょう

 
【繰り返し読む】

みなさんは同じ本を何度も読んでいますか?

一度読んだだけの本がほとんどでは無いでしょうか?

人間の脳は繰り返しする事で記憶に定着する様な仕組みになっています

ですから本の内容を憶えるためには繰り返し読むことが重要です

エビングハウス忘却曲線と言う理論によると

学習してから1時間後に憶えた事の56%を忘れてしまうそうです

ですから完璧に記憶に定着させるには何度も何度も繰り返し読む事が大切です

本の内容をなかなか憶えられなくて悩んでいる人は繰り返し読む様にしましょう

 
【読んでみて分かりづらい本は途中でやめる】

読んでいると内容が頭に入ってこない事があります


内容が難しい過ぎるのか面白いと感じ無いからなのか理由は様々だと思います


途中でやめるのはダメだと思って最後まで頑張って読もうとしていませんか?

途中で思い切って読むことをやめてしまうことも重要です

楽しんで読めない本を無理して読んでも辛いだけです

内容が頭に入らないなら読んでも時間の無駄と割り切りべきです


今は読んでも内容が頭に入ってこない本でも時間が経ってから読むと内容が頭に入って来ることがあります


無理して読んでも楽しく無いですから割り切ってやめる事も考えてみましょう

 

【最後に】

今回は私の読書法を紹介いたしました

読書をする時に1番大切な事は楽しんで本を読む事だと思います

たとえどんな読み方でも本人が楽しんで読めるならそれで良いのでは無いでしょうか?

私の読書法を参考にしつつ楽しんで本を読んでください