今日から毎日ブログ書きます

家電製品をわかりやすく解説します

冷蔵庫の選び方

みなさんこんにちは

f:id:Norihiko1:20191118173836j:image

生活するうえで必需品になっている家電製品と言えば洗濯機と冷蔵庫だと思います

特に冷蔵庫は食材の保管をしないといけませんから非常に重要な物だと思います

色々な機能がありますがイマイチ使い方も分からなかったりするのではないでしょうか?

便利な機能がついていても使い方が分からなければ無いのと同じです

今回は冷蔵庫の選び方を解説していきます

【冷蔵庫を選ぶ前に重要なこと】

冷蔵庫を購入する時に一番重要なことから解説します

一番重要な事は何かというと設置スペースの確認です

冷蔵庫を購入しに家電量販店に来た人で設定スペースの確認が出来てない人は意外と多くいます

最近の冷蔵庫は色々な機能がありますが

どんなに優れた機能がついていても設置出来なければ使用出来ません

ですからまずは設置場所にどのくらいのスペースがあるか確認しましょう


冷蔵庫に設置するの必要なスペースは本体横幅プラス2㎝くらいです

プラス2㎝必要な理由は家電量販店で配送設置する時にプラス2㎝無いと設置をしてくれないからです

単純に放熱だけならプラス1㎝で問題ありません

設置する場合に壁にぶつけたりしないための基準の様です


【どんな容量の冷蔵庫を買えばいいの?】

冷蔵庫を購入する時の基準として冷蔵庫の中の容量も決めての一つです

容量の基準は基本的に家族の人数で決めていきます

70L×人数+100L(常備品)+70L(予備)

上記は冷蔵庫の容量を決める時の計算式になりますが

この式に当てはめると四人家族なら450Lあった方が良いという事になります

ただこれはあくまでも計算上の話です

人によって生活スタイルが違いますから必ず計算通りの容量の方がいいというわけではありません

例えばまとめ買いをする事が多い人や家族が増える可能性がある人は500L以上あった方が良いでしょう

逆に家族が減っていく様な高齢の夫婦の場合は400L以下でも良いかも知れません

高齢の夫婦でもお盆や年末年始に大勢の来客がある様なもの人なら沢山買い貯めしないといけない場合でもあるでしょうから600L以上あった方が良いかも知れません

ですから冷蔵庫の容量は家族の人数と生活スタイルを考えながら決めていくのが良いと思います

【チルドとパーシャル何が違う】

冷蔵室の中に機種によってチルドがあったりパーシャルがあったりします

ベテランの主婦の方だったりすると違いがわかったりすると思いますが

そうでないと違いがわからなかったりすると思います

そんな二つの大きな違いは温度になります


チルドが0度前後

パーシャルが-3度

チルドは冷蔵より少しだけ引くい温度です
パーシャルは完全に凍りませんが微凍結します


チルドの使い方としては肉や魚介類などの生物や乳製品などの保存に向いています


パーシャルの使い方は入れた食材を微凍結させる事が出来るのでに肉や魚介類などの生物の保存にオススメです

パーシャルなら肉や魚介類などの生物を一週間程度保存ができるので買い置きに便利です


【冷凍と野菜はどちらが真ん中がいいの?】

最近の冷蔵庫は真ん中に冷凍室がある機種と野菜室がある機種に分かれています

どちらが良いかと言えばそれぞれに良さがあります

□真ん中野菜室の良さ

真ん中野菜室の野菜の出し入れのしやすさです

ですから料理を作る時の野菜の取り出しなどは便利です


□真ん中冷凍室の良さ

真ん中冷凍室の良さは冷凍食品の出し入れがしやすいだけでなく電気代が安い事です

冷蔵庫にコンプレッサーという機械が本体の一番下に内蔵されています

真ん中野菜室の場合だと冷凍室の真下にコンプレッサーが配置される事になって冷却時のコンプレッサーの熱が冷凍室に伝わってしまいます

冷凍室の真下にコンプレッサーがあるとあ熱が伝わってくる状況で冷却しないといけなくなるため冷蔵庫に大きな負担となります

ですので電気代などを考える方は真ん中冷凍室の方がオススメです


【冷凍の賢い冷蔵庫の使い方】

色々な機能があっても使い方がわからない事が多いと思います

ここからは便利な冷凍機能の解説します

□自分で冷凍食品を作るなら

最近では下ごしらえをした料理を冷凍して保存する人が増えています

そんな人にオススメなのは急速冷凍機能です

食材を冷凍する時に凍結までの時間が長いと解凍した時に鮮度が落ちます

ですが急速冷凍機能を使用すれば短時間で凍結出来るので解凍した時の鮮度が落ちにくいです

作った料理を冷凍保存する事が多い人は急速冷凍機能を使用すると良いでしょう

さらに言えば機種によって急速冷凍機能の凍結するまでの時間が違います

購入する時に確認すると良いと思います


【最後に冷蔵庫を購入する時の注意点】

冷蔵庫は見た目がどのメーカーの製品も対して違いがない様に感じます

しかしメーカーによって棚の広さが違ったり

同じ容量なのに庫内の広さが違ったりします

どの家電製品でも同じですがますは実物を見て自分に合う冷蔵庫か確認しましょう

冷蔵庫の値段は安くは無いですし一度買うと10年くらいは壊れません

後悔しない様に自分に合った冷蔵庫を選んでくださいね