今日から毎日ブログ書きます

家電製品をわかりやすく解説します

炊飯器の選び方

新米の季節になりましたね

毎年この時期は新米が販売されています

新米を食べるなら良い炊飯器で食べるとご飯が美味しく炊けますよ

最近の炊飯器は10万円を超える物もあります

高級タイプはなかなか手が出ませんね

そんな値段の高い炊飯器じゃなくても美味しく炊ける炊飯器は何か気になりますね

今回は炊飯器の特徴と選び方のポイントを解説していきます


【炊飯する時のポイントは?】

炊飯器の説明に入る前に炊飯する時に知っておくと良い知識を簡単に説明します

□洗米は内釜で

お米を研ぐ時は皆さんどの様に研いでいますか?
ザルにお米を入れて研いだりしていないでしょうか?

実は内釜でお米を研いでも大丈夫です

昔は内釜でお米を研ぐとコーティングが剥がれやすくなるので内釜でお米を研いではいけないと言われていました

しかし最近では内釜のコーティングが優れているため内釜でお米を研いでも大丈夫です

□お水の種類は?

炊飯する時に適したお水は軟水です

ですからミネラルウオーターを炊飯に使う場合は軟水を使いましょう

ちなみに日本の水道水は軟水です

ですから水道水も炊飯に向いた水の種類になります


それと冷水を使うのもオススメです


炊飯する時に炊く前との温度差があった方が炊き上がった時に美味しくなります

 

【炊き方の種類の違いってなに?】

色々な種類の炊飯器がありますね

マイコンやIHや圧力など

どの炊飯器を買えば良いのか迷いますよね

その違いの解説をしていきます


基本的に炊飯器の炊き方の違いは

マイコン

IH

の2種類になります


マイコン

マイコン炊きの特徴は内釜の下のところにヒーターが付いていてマイコンでヒーターを制御しながら炊きます

1万円以下くらいで販売されている炊飯器に多い炊き方です

マイコン炊きの炊飯器は安く買えるのが魅力です

しかしヒーターで底から加熱をするので内釜の中に温度ムラが出来やすいのが欠点となっています

なので炊きムラが出来やすいです

安い値段で買えますが正直に言って美味しくご飯は炊けません

ですからマイコン炊きの炊飯器はオススメしません

□IH

現在販売されている炊飯器で一番売れているのがIH炊きです

炊き方は本体内部にあるIHのコイルで内釜を加熱します

マイコンと違いヒーターで内釜の底から加熱させるのではなく内釜全体を加熱させます

ですから内釜全体から均一に加熱できるのでマイコン炊きと比べると炊きムラが少なくすみます

炊飯器を購入する時はIH炊きを購入するのがオススメです

安い物なら2万円以下で購入できるでしょう

購入する時はマイコンではなくIHにしましょう


【圧力炊きの何が良いの?】

炊飯器の炊き方を解説しましたが

圧力炊きの解説が無いと思った方もいるのではないでしょうか?

現在販売されている炊飯器の圧力炊きのほとんどが圧力IHという名称です

ですからIHの中の種類の一つに圧力炊きがあるのです

この圧力炊きにはメリットとデメリットがあります

□メリット

炊飯中に圧力をかけて炊くので高い温度で炊飯するとができます

圧力炊きでない場合だと炊飯時の温度は100度ですが

機種にもよりますが1.2気圧かける機種だと炊飯温度は105度まで上がります

ご飯は炊飯中の温度が高い方が炊き上がった時に甘みのあるご飯になります

□デメリット

圧力炊きのデメリットは炊きムラが出来やすくなることです

圧力をかけている最中は内釜内部で熱対流が起こりにくくなります

熱対流が起きにくくなりお米が攪拌されないためムラが出来ます

なかには可変圧力と呼ばれる加圧と減圧を繰り返しながら炊く方式があります

可変圧力の場合は加圧した後に強制的に減圧をするため

減圧をした時にお米が攪拌されてムラが少なくなります

炊きムラが気になる方で圧力を炊きを購入するなら可変圧力を選ぶと良いでしょう

【保温をするのに向いている炊飯器は?】

皆さんは保温を何時間くらいされてますか?

炊いたら食べきってしまうので保温はしない人もいると思いますが

朝炊いて夜まで保温をする人もいると思います

なかには翌日まで保温をする人もいるでしょう

そんな保温を長い時間する人にオススメの炊飯器はスチーム保温が出来る機種です

長い時間保温しているとご飯が乾燥していきます

なぜ乾燥するかというと保温中の加熱で水分が蒸発してしまうからです

スチーム保温が出来る機種は保温中にスチームを発生させてご飯の乾燥を防ぎます

スチームの効果で長時間保温してもご飯が乾燥しにくくなりしっとりした感じで食べることが出来ます

保温出来る時間は機種にもよりますが大体24時間くらいです

なかには48時間も保温が出来る機種はも存在します

保温を長時間する人にはオススメと言えると思います


【3合炊きと5.5合炊き買うならどっち?】

一人暮らしで炊飯器を買う時に3合炊きと5.5合炊きどちらを買うか悩むことがありますね

一人で暮らしていたらそんなにご飯を食べないし3合炊きのほうがコンパクトで場所を取らないので良い様な気がします

しかし私のオススメは一人暮らしだとしても5.5合炊きを買う事をオススメします

理由は二つあります

一つは本体価格が5.5合炊きの方が割安だからです

一番売れているのが5.5合炊きなので同等くらいの性能なら3合炊きよりも価格が安いです

二つ目の理由は5.5合炊きで3合炊いた方がご飯が美味しく炊けるからです

一番美味しく炊ける量は内釜の容量の6割くらいと言われています

ですから5.5合炊きで3合炊いた方が美味しいです

3合炊いても食べきれない人はご飯の冷凍保存をすると良いでしょう


以上で炊飯器の解説になります
ぜひ炊飯器を購入する時の参考にしてください