今日から毎日ブログ書きます

家電製品をわかりやすく解説します

【育児日記】生命について

f:id:Norihiko1:20200204225838j:image

 

我が子4歳は、2度 命について学んだ。

子供が産まれてすぐに、いつか命の大切さを教えてあげないといけないなと思っていた。


幼児期になったら、絵本の読み聞かせで『葉っぱのフレディ』を読んでみようかなぁ?など考えていた。


なぜ、幼児期に命の大切さを教えてあげないといけないのか?それは、自分自身で危機感を持って欲しいから。命は、永遠ではない。その事を理解できれば、駐車場で1人で走り出す事などしないだろう。


3歳になりたての頃、陶器で出来たフクロウが大好きだった。よく、あちこちに連れ回していた。それを見た祖母が、フクロウより2回りほど小さなカエルの楊子入れをくれた。子供が片手で持ち運べる大きさで、息子はそれをすぐに気に入り持ち歩いていた。


ある日、保育園の登園の時、車から降りると手を滑らせカエルをアスファルトの上に落としてしまった。

 

それまで、フクロウの頃から、落ちたら割れるから気をつけて。と何回か言って来た。だが、子供には、あまり想像が出来なかったのだろう。アスファルトの上で3つに割れたカエルを見つめていた。


この出来事が、息子の中で形あるものは、永遠ではない。壊れてしまう事もあるのだと、物の命を学んだのだろう。それ以来、割れる素材の物を渡しても、落とす事などない。

 

もう一つは、猫の命。

我が家には、子供が産まれた時から猫が4匹と犬が1匹いた。息子は、それが当たり前のように育った。


2歳位になると、猫を触りたくて追いかけ回すようになった。当然、猫は警戒して息子が起きてる時は、近寄らなくなった。猫がかわいそうなので息子には、猫を脅かしたら駄目、いいこいいこしてあげようね。と言い聞かせた。

 

3歳の夏、庭に1匹の子猫が迷い込んで来た。
2週間程、庭でエサをやり様子を見たが飼い猫ではなさそうと判断し、我が家に招き入れた。
5匹目の子猫は、息子の良き弟として一緒に遊んでいた。


猫との関わり合いに慣れてきた頃。
我が家3匹目の黒猫が、ご飯をあまり食べなくなった。年末に緊急で動物病院に行ったが、血液検査でも分からず、点滴して帰って来た。

 

年が明け、様子を見ることに。
何となく、動く事が多くなり元気になってきたかなぁ?と思い始めた矢先、痙攣を起こした。
その姿をあえて息子に見せた。黒猫ちゃん今日病院に行くからねと付け足した。

 

黒猫は、その日入院した。
19時頃までなら面会ができるとの事だったので
夕食後に息子を連れて、動物病院に面会に行った。動物病院が初めてだった事や、朝の黒猫の様子など、息子なりに思う事があったのだろう
帰りの車の中で、猫ちゃんが、哀しよう。って言ってたね。と言っていた。

 

翌日、黒猫は息を引き取った。
息子に、黒猫ちゃんお家に帰って来たよ。と言いながらそっと見せた。
もう、猫ちゃん鳴けないの?と言ってきたのでそうだね、猫ちゃん死んじゃったからもう鳴けないね。と返した。

 

明日、黒猫ちゃんいなくなっちゃうから保育園に行く前に、お別れしようね。と約束した。
息子は、ぼく、なんだか悲しくなっちゃう。と言っていた。そうだね。と相づちをうった。

 

 

翌朝、一緒に黒猫にお別れをした。
今までありがとう。さようなら。と。
息子は、昨日のように、なんだか悲しくなってきた。と言っていた。

 


それは、きっと命が一つ消えた事への悲しみだと思うが、息子はまだなんとなくしかわからないだろう。だが、今回の事を体験し、本人なりに心のどこかに落とし込んでくれるであろう。

 

息子から学んだこと

f:id:Norihiko1:20200204120634j:image

 

2015年に息子が産まれてから時が経つのは早いもので息子は今年で5歳になります

 

あっという間に時間が過ぎた様に感じます

 

 

息子が産まれて直ぐに仕事で転勤になり今は単身赴任をしています

 

なかなか息子と会えない事が寂しいです

寂しいですが会えないからこそ息子の成長を実感できている様に感じます

 
息子は2歳くらいから英語の勉強をしています

 

私たち親が息子に無理やり学ばせているのではなく本人が英語を勉強したいというので勉強させています


英語の勉強を始めたのは保育園でブラジル人の子と出会った事がきっかけでした

 

ブラジル人の子は日本語が話せません

 

息子はブラジル人の子とコミニュケーションを取るためには英語を勉強しないとダメだと思った様です

 

それがきっかけで息子は英語の勉強を始めました

 

英語が話せるようになったらブラジル人の子とコミニュケーションを取れる様になると思っている息子は楽しそうに英語の勉強をしています


そんな息子の姿を見て私が感じた事は


人は本当に自分がやりたい事であれば努力をすることを苦痛には思わない

そういう事を思いました


英語に限らず何かを始める事が誰しもあると思います

 

ですが三日坊主で終わってしまって長く続かない事は珍しい事ではないと思います


しかし息子を見ていると英語の勉強が楽しくて仕方がないと言う感じです

 

途中で挫折してしまいそうな感じはありません


人は本当にやりたい事ならやっていると楽しくて仕方ないと感じるものなんだなと思いました


何かをやっていて苦痛に感じたとしたらそれは本当はやりたくないこと


自分が本当にやりたい事は何かを考えて生きないといけない

そんなことを息子から学んだ気がします

 


最後に

ブラジル人の子はたぶんポルトガル語を話していると思うので英語を勉強しても会話は出来ないと思う

息子には内緒です

 

【育児日記】今日は幼児教室の日

f:id:Norihiko1:20200201213302j:image

 

本日は、幼児教室の日です。

朝、先月末にしまじろうの2月号が来ていたのでワークを半分やって、冊子を読み聞かせして20分位でお勉強は終了。


午前中に、予約していた絵本を借りに図書館へ行って来ました。が、そこのプレイルームで遊びたいと言ったので、マット遊びと積み木をやりました。

 

そこで、予定時間は、大幅にオーバーさらに公園で遊ぶと走って行ってしまい、結局お昼を食べずに幼児教室へ。

車で向かっている途中で寝落ちしてしまいました。まぁ、あれだけ遊べば眠くなるかなぁ。

 
教室には、10分前に到着。
午前中に少し遊べたので、寝起きでもご機嫌で授業に行ってくれました。

 

今日は、他の教室から見学の先生達がいらっしゃってました。大丈夫かなぁ?と思って途中覗いて見たらなんと、机の上に寝てました💦

帰りには、ちゃんと椅子に座っていました。

 

その後は、お昼をフードコートで食べ、イオンモール(子供の希望)に行きました。
イオンに着くなり、玩具コーナーにGo!
そこから1時間。


なんとか説得の末、ミスドに寄って帰りました。案の定、我が子は車内で寝落ちでした。

 

【今更聞けない仮想通貨2】ブロックチェーンについて解説してみた

f:id:Norihiko1:20200201170822j:image

以前のブログで仮想通貨の基本的な事について書きました

◯前回の解説ブログ

https://www.norihiko1.work/entry/2020/01/23/175359

 

電子マネーとは違い国が発行した通貨ではなく

通貨としての機能を持ったデータというのが特徴でした

 
今回は仮想通貨を支える技術であるブロックチェーンについて解説していきます

 

【何が画期的なのか】

ブロックチェーンはデータを一か所に全て保管しないで複数に分散して管理するため分散型台帳技術とも呼びます

データを分散して保管いるためセキュリティーに優れていると言われています


それに対してパソコンやスマホはデータの全てを本体に内蔵されているHDDやSSDに保管しています


クラウドコピューティングと呼ばれる技術がありますが考え方は一箇所にデータを集めて管理するのでパソコンやスマホに近い技術です


一箇所にデータを集めている事はすぐに必要なデータが取り出せそうで良い様に感じますが


ハッキングされた場合の事を考えると一箇所に集めていたら全てのデータを改竄されたり流出するリスクが高いと言えます


ですがデータを分散して保管していれば全てのデータを改竄されたり流出するリスクを抑える事が可能です

 

ブロックチェーンを支える技術】

データを分散して管理するブロックチェーンはどの様な仕組みになっているのでしょうか?


ブロックチェーンP2P(ピア•ツー•ピア)と呼ばれるネットワークを利用しています


一つのサーバーにデータを集めて複数のパソコンやスマホを繋ぐクラウドコピューティングとは違い


一箇所にデータを集めないでパソコンやスマホなどの端末同士を直接繋いでネットワークを構成するのがP2Pのネットワークの考え方です

P2Pのネットワークに参加している端末群をノードと呼びます


クラウドコピューティングの場合は一箇所にデータ集めるためセキュリティー面でのリスクが高いだけではなく

データを管理しているサーバーを維持するコストがかかります

 

しかしP2Pであればデータを分散するためセキュリティー面に優れているだけでなく

サーバーを維持するためのコストはかかりません

 

【データの改竄が不可能なシステム】

具体的にどの様にブロックチェーンは機能しているのか仮想通貨を例に説明していきます


ブロックチェーンはデータの事をブロックと呼びます

それをチェーンで繋げる様に複数のブロックで繋いで分散して管理しています


仮想通貨の場合は支払いなどの取引をする場合はチェーンで繋がっているブロック全てをチェックしてデータの改竄が無いかを確認します


例えばAさんが仮想通貨を使用してBさんに支払いをしたとします

 

この時ブロックチェーンでは過去のトランザクション(取引情報)を遡って改竄されていないかを確認します


分散して管理してあるブロックのトランザクションには一つ前に行われた取引の情報も記録されているため

 

ブロック同士を比較してデータの改竄が無いかをチェックするのです

 

そのため一つのブロックだけを書き換えされていた場合他のブロックとデータが矛盾してしまうので不正がわかります

 

ですからブロックチェーンでデータ改竄を行うためには全てのブロックのデータを書き換えなくてはいけません

 

しかしブロックチェーンはブロックを分散して管理しているため全てブロックを書き換えるのは非常に難しいです

 

さらに言えば書き換えている間に取引が行われて新しいブロックが出来る可能性もあります

そうしたら新しいブロックも書き換えなくてはいけません

ですからブロックチェーンはデータ改竄は現実的に不可能と言えるでしょう

 

ブロックチェーンの可能性】

ブロックチェーンは現在は主に仮想通貨に使用されている技術です

 

このブロックチェーンの技術は仮想通貨以外にも利用できることが注目されています

 

データをブロックとして一塊にしチェーンにして繋いでいくためデータの改竄がされにくい事とが理由です

 

主に期待されている分野としては

•土地の登記
•シェアリングサービス
•証券取引などの金融分野
•保険

など

それ以外にも今後はブロックチェーンを応用したシステムやサービスが作られて行くと思います

まさに時代を変える可能性がある技術と言えるでしょう

 

【最後に】

今回はブロックチェーンについて解説をしてみました

仮想通貨だけはなく今後は様々な分野で応用されていくと思います


次回はブロックチェーンの問題点について書いていこうと思います

 

◯次回のブログ

https://www.norihiko1.work/entry/2020/02/06/205302

 

 

【今更聞けない仮想通貨1】仮想通貨の基本

f:id:Norihiko1:20200123175316j:image

 

 

一時期バブルで話題になった仮想通貨

バブルが崩壊してからあまり話題にはならなくなりました

 

 


最近は電子マネーが普及してきています


データで支払いできるので仮想通貨と似ています

似ていますが実は全く違います

 
電子マネーと仮想通貨の違いはなんなのか?

そして仮想通貨はどの様に誕生したのか?

今回は仮想通貨について基本的な事を解説していきます

 

電子マネーと仮想通貨の違い

電子マネー

円やドルなどの国が発行している通貨をデータにしたものが電子マネーです

電子マネーならお札や硬貨を持ち歩く必要が無くなるので便利です

 
□仮想通貨

仮想通貨とは通貨としての機能を持ったデータのことです
暗号通貨とも呼びます

ビットコインが仮想通貨の代表的な物ですがアルトコインという呼ばれる物もあり種類は多数存在します


特徴としてデータというところが電子マネーに似ていますが

電子マネーは国が発行している通貨をデータにしてるのに対して
仮想通貨は国が発行しているわけではありません


マイナー(発掘者)と呼ばれる人達がマイニング(発掘)という作業をして新しい仮想通貨を発行しています


国が発行しているわけではないので通貨の管理者が存在していないのも特徴です


管理者はいませんがP2Pネットワークによるブロックチェーン(分散型台帳技術)を利用することで通貨として機能させています


入手の方法は国が発行している通貨と違い取引所で購入するから自分でマイニングをして手に入れます

◯主な取引所

Coincheck

DMM Bitcoin

bitFlyer

GMOコイン

bitbank

※マイニングやブロックチェーンなど仮想通貨の技術は次回以降に解説していきます

 

◆仮想通貨の歴史

特定な国が発行しているわけでは無い仮想通貨

どの様にして誕生したのか?

ここからは仮想通貨の歴史について解説していきます

□仮想通貨の誕生

仮想通貨のアイデアが誕生したのは2008年にサトシナカモトという人物がインターネット上に論文を発表したのがきっかけでした

その後サトシナカモトが発表した論文に興味を持った複数の人達によって開発されてビットコインとして2009年頃に誕生します

誕生したばかりの頃は通貨として使用されていたわけではなく一部の人達がマイニング(発掘)をして発行されているだけでした

そんな仮想通貨ですが2010年にピザ二枚をビットコインで購入した出来事をきっかけに通貨して使用される様になりました

最初は主な用途としては海外送金を目的として利用されていましたが

最近では仮想通貨で支払いのできるお店もあり通貨としての利用ができる様にもなりました

2017年〜2018年までにかけて仮想通貨バブルが起きて話題になり今現在にいたります

 

◆仮想通貨の種類

仮想通貨で代表的な物はビットコインですがその他にも多数の種類が存在します

ビットコイン以外の仮想通貨の事をアルトコインと呼びます

先日Facebookが発表したリブラもアルトコインの一種です


□代表的なアルトコイン

ビットコインキャッシュ

イーサリアム

ライトコイン

イーサリアムクラッシック

モナコイン

リップル

リスク

以上が代表的なアルトコインの種類です

ビットコインとは機能的な違いがありますが次回以降に解説をしていきます

 
【最後に】

今回は仮想通貨の基本的な事について解説してみました

ブロックチェーンやマイニングなど技術的な事にやアルトコインの細かな違いなどは今回は触れませんでした

次回からは更に深掘りした内容を何回かに分けて解説していきます

 

◯次回のブログ

https://www.norihiko1.work/entry/2020/02/01/171120

 

メンタルは鍛えられない〜安定させるコツ〜

 

みなさん
こんにちは

 

なにかちょっとした事で落ち込んでしまう人いますね

落ち込むだけでならいいですが胸が締め付けられる様な苦しみまで感じてしまう人もいるでしょう

そんな事がある度にメンタルが弱いのが原因だと考えてしまいます

 

結論から言います

メンタルは鍛えられません

 
メンタルは鍛えるのではなくて安定させる事が大切です

今回はメンタルを安定させるコツを紹介します

 

【鍛えられると思う事自体が間違い】
そもそもなぜメンタルが不安定になるのか?

辛い出来事があったからでしょうか?

嫌な思いをしたからでしょうか?

不安定になる理由は様々です

辛い出来事や嫌な思いをしたら落ち込んだりメンタルを安定させるのは難しくなりますね


しかし同じ経験をしてもなんとも思わない人がいるのも事実です


あなたが失恋をして酷く落ち込む事があったとします

でも同じ様に失恋をしても平気でいる人もいます


なにがあっても平気でいる人はメンタルが強そうに見えますね

この違いはなんでしょうか?


その違が何かと言えば考え方の違いです


ちょっとしたら事で落ち込む人は落ち込む様な考え方をしていて

何があっても落ち込まない人は落ち込まない様な考え方をしている

それだけの違いです

出来事それ自体には価値はないのです


例えば雨が降っているとします


雨が降っていることで洋服を洗濯しても外に干したり出来ないので不便と感じる事もあれば

干ばつで長期間も雨が降っていない地域であれば雨が降ることは喜ばれる事もあります


つまり出来事の価値と言うのは体験した人がどの様に解釈したかで決まるのです


ですから何かあった直ぐに落ち込む様な人は落ち込む様な考え方を自分でしているだけとも言えます


落ち込む様な性格を変えたいなら落ち込む様な考え方をした時に自分で止めればいいのです


こう言うと

「やめられないから悩んでるんだ」

と起こり出す人が現れそうですね


つまりメンタルが不安定になってしまう根本的な原因とは

『メンタルが不安定になる様な考え方に縛られてしまって考え方を変えられない』

これが最大の問題と言えると思います


この問題を解決するには考え方を変えられる様な柔軟性を身につけるしかありません

 

【自分の考え方に疑問を持つ】
固定的な考え方に縛られている限り安定したメンタルを保つの難しいです

いかに固定観念に縛られずに柔軟な考え方が出来る様になるかが重要です

そのために重要な事は普段から自分が感じた事や考え方に疑問を持つ様に心がけることです


テレビのニュースを見て何か感想を持ったとしたらなぜそう思うのか考えてみる

何か欲しい物があったとしたらなぜそれが欲しいと思ったのかとか
それではないとダメな理由を教えてみる


こういった事をすることで固定観念に縛れない様に訓練することが大切です

普段から訓練しておく事で次第に柔軟な物の考え方が出来る様になるでしょう

そうすればメンタルの安定に繋がるはずです

 

【最後に】
固定観念に縛れてしまうのは思考に柔軟性が無くなります

柔軟性のある考え方が出来れば考えを変える事もできる様になりますからメンタルも安定するはずです

そのためには普段からの訓練は欠かせません

訓練と言ってもちょっとだけ物事に対して疑問を持つ様にするだけです

ちょっとの努力で安定したメンタルが手に入ります

今回紹介した方法を参考にしてみて下さい

 

洗濯物に黒い粉が・・・それカビです 対策まとめました

 

 

みなさん
こんにちは

洗濯した時に黒い粉が洗濯物についてる事ありませんか?

その黒い粉はカビです

ちゃんと対策しないと洗濯槽の裏側にカビが生えてきます

 
今回は洗濯機の洗濯槽のカビ対策についてまとめてみました

   
【自動槽洗浄機能でカビ対策はできない】
最近は洗濯槽の自動洗浄機能が搭載している機種が増えてますね

購入する時に

「自動槽洗浄機能があった方がカビ対策にいいですよ」

って店員さんに言われたりしてますよね?

自動洗浄機能があれば定期的な槽洗浄はいらないと思っている主婦をたまに見かけます

結論から先に言います

自動洗浄機能でカビの対策はできません

 
なぜ対策できないかと言うと自動槽洗浄機能と昔からある槽洗浄ではやっている事が全く違うからです

昔からある槽洗浄は専用の洗剤を使って何時間もかけて汚れやカビなどを洗濯槽から除去しています

それに対して自動槽洗浄機能は洗濯の最後に洗濯槽の裏側に水をかけるだけです

簡単な汚れが落ちるだけで洗濯槽の汚れを完全に落とす事はできません

例えるならお風呂掃除をする時に浴槽に水を撒いている様なものです

浴槽に水を撒いただけで綺麗になるでしょうか?

洗濯槽の裏側に付着した汚れで簡単に落ちるものを落としているだけです

自動槽洗浄機能とは所詮はその程度のものです

ですから槽洗浄を定期的にしていないとカビは生えてきます

自動槽洗浄機能は無いよりはあった方がいいくらいの機能と考えていた方がいいでしょう

 

【洗剤の入れすぎはカビが生えやすくなる原因に】
洗剤をたくさん入れた方が汚れ落ちが良くなると誤解している人がたまにいます

洗剤は決められた量以上を入れても洗浄力は増しません

むしろ入れすぎたら洗剤が残りやすくなりますからカビの原因になります

洗剤は決められた量を入れる様にしましょう

 

【定期的な槽洗浄を心がけましょう】
カビ対策に必ずしなければいけないのが洗濯槽の洗浄です

自動槽洗浄機能が搭載されていても必須です

槽洗浄は使い始めてからどのくらいから洗浄したら良いかと言えば

使い始めてから1カ月位から毎月して下さい

毎月しないといけない根拠は洗濯機の取り扱い説明書に書いてあるからです

そのくらい頻繁に洗浄しないとカビが生えてきます

なかには頻繁に槽洗浄をしているのにカビが生えてくる人もいると思います

そんな人はメーカー純正の槽洗浄クリーナーを使用してみて下さい

値段は高いですけど強力です

 


パナソニック 洗濯槽クリーナー 【品番】(P)N-W1

 


N-W2 洗濯槽クリーナー ドラム式専用 750ML

 


日立 洗濯槽クリーナー SK-1

 


T-W1 90004003塩素系 東芝 洗濯槽クリーナー

購入してから1年経つけど槽洗浄をした事ない人はすぐに槽洗浄をしましょう

やり方は取扱説明書に書いてあります

取扱説明書を無くしてしまった人は使用している洗濯機のメーカーのインターネットのホームページで取扱説明書が閲覧できますから調べましょう

 

【その他カビ対策】
•洗剤や柔軟剤は入れすぎない
•乾燥機が搭載されてるなら槽乾燥機能を使う
•洗剤は粉末より液体洗剤を使う様にする
•洗濯が終わった後はフタは開けておく

以上のことを守る事もカビ対策になるので試してみて下さい

 

【最後に】
槽洗浄は定期的にしないとカビが生えてきます

定期的にお手入れするのは面倒くさいですが大切なことです

今回紹介したことを参考にしてみて下さい