今日から毎日ブログ書きます

家電製品をわかりやすく解説します

人生を大きく左右するかも知れない要素

f:id:Norihiko1:20200721225954j:image

 

 

こんな心理学の実験があります。

ある白人の大学生に、ミニチュアゴルフをしてもらいます。


二つのグループに分けて片方のグループにだけ運動神経を測定すると伝えてプレイを行いました。

この実験の結果はどうなったかと言うと


運動神経を測定すると伝えてプレイをしたグループの方が悪い結果になりました。


一見すると、運動神経を測定すると伝えた事がプレッシャーになった事が原因の様な気がしますが違います。


黒人の大学生に同じ実験をすると、結果に大きな差は現れませんでした。


この違いがなぜ起きるのかと言うと、思い込みが原因です。

一般的に黒人は運動神経が良いという思い込みがあるのに対して、白人はあまり運動神経は良くないという思い込みがあります。

この思い込みによって結果に違いが出たのです。

これを心理学では「ステレオタイプ脅威」と言います。


思い込みは人間の能力に影響を与えるのです

 

芸能人の悲しい事件で思ってたこと

f:id:Norihiko1:20200721205004j:image

 

 

芸能人の悲しい事件がありましたね。

 

こういった事があると、自分の好きな俳優やアイドルでなくても悲しい気持ちになります。

 

多くの人は「なぜ急に?」と思うのではないのでしょうか?

 

理由は本人にしかわかりません。

 

誹謗中傷が原因だったのかも知れないですし

誰にも言えないプライベートな悩みがあったのかも知れません。


ただ言えるのは、何か爆発しそうになる時があり何かのきっかけで勢いでやってしまう人がいると言うことです。


メンタルの強い弱いではないと思います。


私が思うのは

「あの人は絶対にやらない」

という思い込みは間違いだと思います。

「あの人はメンタルが強いから何をやっても大丈夫」

そんな思い込みが不幸な人を量産しています。


いくら体を鍛えても殴られたら痛いはずです。

心も同じです。

 
貴方は、今日一日を振り返って考えた時に、どのくらいの人に気を使いましたか?

毎日寝る前に自分の行いを反省していますか?


世の中には、常に他人に気を使い夜寝る前に自分の行いを本気で反省する様な人がいます。

「あの人との会話で言ったあのセリフは少し失礼だったかも知れない」

「あの行為は不快にさせたかも知れない」

世の中にはそんな人がいるのです。

そんな人が追い詰められて不幸になっています。

みんなが、お互いに気遣い合う世の中なら、不幸な人を減らせると思います。

 

みんなが、幸せになれる世の中になって欲しいと思います。

 

今年の7月1日からこっそり増税された件について

f:id:Norihiko1:20200721195958j:image

 

昨年の10月1日に、消費税が8%から10%に上がりました。

 

元々は、2012年に自民党公明党民主党の三党合意で2014年の4月に、消費税を5%から8%に上げて2015年の10月に10%に上がる予定でした。


実際には、2013年に民主党政権から、自民党の安倍政権に変わり、2014年に4月に8%に上がった後は二回増税延期した後に、2019年10月に10%になりました。


消費税増税された影響は大きく、2019年10月〜12月のGDP個人消費で前期比-2.9%と大きく落ち込み景気が後退しました。


今年は、新型コロナの流行もあり非常に景気が悪くなっています。

そんな時期なのに、6月末でキャッシュレス決済のポイント還元が終了しました。


キャッシュレスでお会計をすると、最大で5%還元されて消費税の負担が軽減されるものでしたが6月末で終了しました。

これによってキャッシュレス決済を利用している人の税負担が増えるので増税したのと同じだと言えます。


あまりテレビや新聞では取り上げていませんが、新型コロナで景気が低迷しているのに終了させるのは如何なものでしょうか?

 

 

あなたの給料が上がらない本当の理由

f:id:Norihiko1:20200713171432j:image

 

給料が上がらない

給料を上げたい

そんなことを、考えている人は多くいると思います?

給料が、安いので転職を考えている人もいると思います。


ところが、転職活動してみると、給料が良い会社が少ない事に気がつきます。


給料が良い会社を見つけて、面接を受けても採用されるとは限りません。


良い条件の会社には、面接希望者が殺到しますから競争率が高くなるので当然だと思います。


実は、転職をすることでは収入は大して上がらないのです。

では、どうすれば良いのでしょうか?

【転職しても大して変わらない】

 

日本人の、平均年収をご存知じでしょうか?

国税庁の調査によると、日本人の平均年収は441万円になるそうです。

これを聞くと、年収が400万円以下なら転職した方が良い様に感じる人もいると思います。

しかし、平均年収は全体の平均値なのであって、必ずしも多くの人が当てはまるとは限らないのです。

例えば、収入が0円の人が9人いても年収1億円の人が1人いたら10人の平均年収は1000万円になります。


ですから、平均年収はあてにしてはいけないのです。

それでは、何を参考にして判断すれば良いかと言うと


参考にするべき、基準は全体の中間の値である中央値です。


平均年収は441万円でも、中央値だと350万円になると言われています。

したがって、年収が350万円以下なら転職して給料を多少は増やす事は出来たとしても


350万円以上なら転職しても給料は大して上がらないか、むしろ下がる可能性があると言えるでしょう。

【収入を増やすには?】

 

転職をしたとしても、給料を上げるのは難しい。

それではどうしたら良いかと言えば

投資を始めてみたり何か副業をするのが良いと思います。

今の仕事を続けながら、収入源を増やしていく事を考えることが大切です。

【スキルアップ読書】良い本を見極めてスキルアップにつなげる本選び

f:id:Norihiko1:20200702135526j:image

 

今回は、読書でスキルアップに繋がる、本の選び方について書いていこうと思います。


良い本に巡り合えば、あなたの悩みを解決出来るかも知れないですし

人生を切り開くきっかけになるかも知れません。


しかし、闇雲に本を読んでいても良い本にはなかなか巡り合えないものです。


一冊を読み切るまでの時間を考えると、いかに効率的に良い本を見極めていくかは大切だと言えます?


そんな本に、効率的に巡り合う方法について書いていきます。

 
【選書の落とし穴】

ところで、スキルアップの方法と言われたら、あなたは何を思い浮かべるでしょうか?


役立ちそうな資格の勉強

英会話などの語学の勉強


色々な方法はありますが、1番手軽に出来るのは読書だと思います。


手軽に出来る読書ですが、どんな本を読んだら良いか分からない。

そんなことを、考えてしまう人もいると思います。


例えば、あなたがメンタルを鍛えるのに役立つ本を探しているとします。


探してみると、役立ちそうな本は無数にあり、どれを買えば良いか迷ってしまうのではないでしょうか?


多くの人は、購入する前に立ち読みをして内容を確認したり、Amazonレビューを見て判断していると思います。


沢山ある本の中から選ぼうと思ったら、こういった方法で、選書するのが一般的です。


しかし、この様な選び方は、あまり良い方法だと思いません。


正確に言えば、本の選び方として不十分だと私は考えます。


なぜなら、同じジャンルやテーマで書かれた本であれば、同じ様な内容が書かれていることが多いからです。


心理学を例に例えると、扱っているテーマが同じなら、作者が違ったとしても参考にする理論は同じになるはずです。


ですから、説明の仕方が違うだけで似たような内容になりがちです。


つまり、作者が有名な心理学者であろうと、メンタリストであろうと書いてある事に大差はないということです。


他のジャンルでも同じことが言えると思います。

 

【本選びのコツとは?】


立ち読みをして内容を確認する方法や、Amazonレビューで判断する選び方だけでは、説明の仕方が違うだけの同じ内容の本を何冊も買うことになりかねないのです。


勘違いしていけないのは、立ち読みやAmazonレビューで判断するのが間違っているというわけではありません。


スキルアップを目的とした本選びには、内容を確認して判断するだけでは、不十分ということです。


それでは、どうすれば良いか?


それは学びたいことを明確にして、それを意識しながら読むことです。


どういうことかというと


例えば

史書を歴史を学ぶために読むのではなくて、心理学を学ぶために読む。


戦国武将の心構えから、メンタルを強くするためのヒントを学ぶことができますしリーダシップも学べるでしょう。


つまり、読む時の意識次第でどんなジャンルのどんな本でも色々な事を学ぶことが出来るのです。

 

【読み方で学べる事が変わる】


私が読んだ本を例に出すと


最近ですが「女帝 小池百合子」という本を読みました。


女帝 小池百合子 (文春e-book)

 

この本は、小池都知事の暴露本として話題になっている本です。

小池都知事の過去を検証した内容ですが、暴露本だと思って読んだら、何かを学ぶ事はできないと思います。


しかし、過去を検証しているということは、彼女がどうやって成り上がったのか書かれています。

自伝であれば、自分をよく見せる様に書くので内容の信憑性は疑わしくなりますが、

客観的な事実や証言をもとに書かれているので、かなり信憑性の高い内容となっています。

ですから、「女帝 小池百合子」という本は、成功者がどの様な方法で成り上がっていくのかを書かれた本とも言えます。


暴露本と認識したら、何も学ぶ事は出来ませんが、成功するための処世術が学べる本と考えればたくさんの事を学べるはずです。

 
【最後に】

本を選ぶ時に1番大切な事は、最初に自分は何を学びたいのかを明確にすること

それが1番大切です

 

 

パフォーマンスを落とさない様に心がけていること

f:id:Norihiko1:20200630222319j:image

 

今年は、マスクをしているせいか熱中症になりそうで辛いです。

 

今までの夏よりも、汗をかいてる気がします。

 

汗を多くかくと何となくですが集中力も低下する気がします。

私が最近心がけていることは、小まめに水分を取ることです。

 

基本的なことですが、徹底してやってみると大切さを実感できます。

 

そして、水分を取る時に意識している事は多めに飲むことです。

 

自分が感じている以上に暑い時は、汗をかいて体から水分が無くなってる気がするので多めに飲んでいます。

 

小まめな水分補給の効果で、体調を崩しにくくなっているだけでなく、集中力も保っている気がします。

 

みなさんも暑くなるこれからの時期は、小まめに水分を取りましょう。

 

アドバイスの見極め方

f:id:Norihiko1:20200622154418j:image

誰しもが、何かしらの悩みを抱えています。

「私には悩みはありません」

こんな事を、言い切れる人はいないと思います。

 

仕事で上手くいかなくて悩んでいる人もいれば、人間関係で悩みを抱えている人もいると思います。

そんな時は、誰かから的を得たアドバイスが欲しくなるものです。

 
【専門家だから正しいとは限らない】


先日、こんな動画を観ました。


ある心理学の専門家が、子育てに悩んでいる親にアドバイスをするという内容です。

さまざまな質問の中で、こんな質問がありました。

 
質問内容はこんな感じです。

「子供が勉強をしないで、テレビゲームばかりしています。テレビゲームを止めさせるにはどうしたら良いですか?」

ゲームばかりしていて、なかなか勉強をしてくれない。

どこの家庭でも、よくある悩みの一つだと思います。

 
この質問に対する専門家の答えは

「人は、毎日同じ事をすると苦痛に感じるので、今日ゲームを6時間やったとしたら、明日も同じ時間だけ必ずゲームをやらないといけないというルールを作れば、ゲームを辞めるでしょう。」

私は、この答えを聞いて、非常に的外れなアドバイスだと感じました。


このアドバイス通りに、ルールを作れば子供はゲームをやめるかも知れません。

だからといって、勉強をする様にはならないでしょう。

ゲームをやらないかわりに、マンガやYouTubeを観るようになるだけだと思います。

この質問をした親の悩みの本質は、子供が自主的に勉強しない事です。

子供が、自主的に勉強をするなら、ゲームをやっていても問題はないはずです。


勉強をしないで、ゲームばかりしているからゲームをやめさせたいと考えたはずですが、ゲームをやめても勉強をする様にならなければ、意味がありません。


アドバイスをする時に本来であれば、

『ゲームをやめさせれば勉強をする様になる』

という質問者の間違った思い込みを正してあげるべきです。


それなのに、回答者である専門家が思い込みを正す事はしないで、根本的な問題解決にならない様なアドバイスをしてしまったかと言えば、

専門家自身が結婚もした事もなければ、子育ての経験をした事がなかったからです。

子育ての経験がないから、悩みの本質が理解出来なかったのでしょう。

 
物事の本質とは、経験をするから理解できる物です。

だから『百聞は一見にしかず』というのです。


知識のある専門家のアドバイスだったとしても、的を得た内容でなければ、悩みは解決できません。


世の中には、専門家なのに専門分野で大した経験がない人が沢山います。

アドバイスを求める時に1番大切な事は、

『アドバイスをするのに相応しい経験をどのくらい積んでいるのか?』

これに尽きると思います。

ですから、子育ての経験がない心理学の専門家に、子育てアドバイスを聞いても意味がないですし

異性にモテた経験がない人に恋愛相談をしても意味はありません。


誰かに相談する時は、まずは相手がどのくらい、経験があるのか確かめる事が大切です。

 

【どうやって見極めるべきか】

間違ったアドバイスを信じて行動したら、状況を悪化させるかも知れません。


ですから、慎重に見極めて行くべきだと思います。


ですが、相手を見極めるのは非常に難しいと思います。


相手を見極める方法を紹介した、オススメの本はあります。

 

それはナシームニコラスタレブさんの
『身銭を切れ』
という本です。


身銭を切れ――「リスクを生きる」人だけが知っている人生の本質

 

 

内容は、身銭を切って体験している人間の特徴について書かれています。

 

この本を読むことで、知識だけではなくて経験を積んでいる人を見極める事ができる様になるでしょう。

 

気になる人は、ぜひチェックしてみて下さい。